IKEAキッチン正規取扱店ホーメストのデザイナーズリフォーム | 色の相互作用 Interaction of colorのページです。

お電話でのお問い合わせこちらから 03-6228-5334 受付時間 | 9:00〜18:00(水・木を除く)

電話番号をクリックすると電話がかかります


色の相互作用 Interaction of color(スタッフブログ)

2014.09.17|投稿者:井上 雅義

BM-ic-2BM-ic-1

視覚が感知するイメージの大半は、複数の色が存在します。
ある色を知覚する場合、人間の視覚はその隣にある色の影響を受けます。
この現象を「色の相互作用」と呼びます。
「色の相互作用」には2通りの作用があります。
1つは「同時対比」と呼び、2つの色が並ぶ(隣接する)と色の差異が強調される現象を指しています。これは知覚の検出力を高めるため、背景に対して図を強調しようとする「側抑制」という働きに起因すると考えられています。

その逆に「同化現象」は、細かい模様を遠目に見ると絵の具を混ぜたように見える現象を指します。モネの「睡蓮」のような印象派の絵画は色の同化現象を応用した技法と言えます。

ここで重要なポイントは、色の知覚は絶対的な認知ではなく、相対的な認知であることです。
©Photo:Benjamin Moore

投稿者:井上 雅義

 

←前の記事 次の記事→

 

2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最新5件
ブログカテゴリリスト


PAGE TOP